和室の風景

和モダンなお部屋について

和モダンなお部屋とは、伝統的な日本の和の要素と現代的なデザインや快適さを融合させたインテリアスタイルのことを指します。このスタイルは、古き良き日本の美意識を大切にしつつ、現代のライフスタイルに合わせた機能性や美しさを追求したものです。和モダンなお部屋の特徴や具体例について詳細に説明します。

和モダンなお部屋の特徴

  1. 素材の使い方
  • 木材:自然な木の質感や色合いを活かした家具や建具を使用します。杉や檜などの日本産の木材が好まれます。
  • :床には畳を敷いたり、部分的に畳スペースを設けることがあります。現代的なインテリアにも合う薄型の畳も利用されます。
  • 和紙:障子や照明に和紙を使うことで、柔らかな光を演出します。
  1. 色使い
  • 自然色:木の色、白、黒、グレー、ベージュなど、自然界に存在する色を基調にします。これにより、落ち着いた雰囲気が作り出されます。
  • アクセントカラー:赤や紺、緑などの伝統的な日本の色をアクセントとして使用することがあります。
  1. 空間のレイアウト
  • オープンスペース:広々とした空間を重視し、部屋同士の仕切りを少なくしたり、可動式の仕切りを用いることが多いです。
  • 間接照明:直接的な照明よりも、間接照明を多用することで、柔らかな光と影のコントラストを楽しむことができます。
  1. 装飾とアート
  • シンプルさ:装飾は控えめで、シンプルなデザインのものを選びます。例えば、シンプルな花瓶に一輪の花を飾るなど、ミニマリズムの影響を受けています。
  • 伝統工芸品:陶器、漆器、掛け軸などの日本の伝統工芸品をアクセントとして取り入れます。

具体例

  1. リビングルーム
  • 家具:低めのソファやローテーブルを中心に配置し、床に座る文化を取り入れます。クッションや座布団をアクセントにします。
  • 装飾:シンプルな棚に日本の陶器や盆栽を飾り、和の要素を強調します。壁には現代的なアートとともに、和風の掛け軸を掛けることもあります。
  1. ダイニングルーム
  • テーブル:天然木のダイニングテーブルを使用し、和モダンな椅子やベンチを合わせます。
  • 照明:天井から吊るされた和紙のペンダントライトで、食卓に温かみのある光を提供します。
  1. 寝室
  • ベッド:低めのフロアベッドを使用し、シンプルな布団カバーを選びます。木製のヘッドボードやサイドテーブルが和の雰囲気を醸し出します。
  • 装飾:壁に掛けられた布製のタペストリーや、シンプルなスタンドライトで和の要素を取り入れます。

まとめ

和モダンなお部屋は、伝統的な和の美意識を現代の生活に取り入れることで、落ち着きと洗練された雰囲気を作り出すことができます。素材、色使い、レイアウト、装飾の各要素をバランスよく取り入れることが重要です。

和室が減っているからこそ

ところで、時代も昭和→平成→令和と移り変わり、住環境も大きく変化してきました。結婚のあり方も含めて家族や人間関係のあり方も変化してきました。

その影響もあり、昭和時代にあった「婚礼家具」も死語になっています。必ずどこの家にも和室・座敷があり、そこにはタンスとテーブルがありました。結婚を機に、そこに立派なタンスやテーブルが並び生活拠点としての和室をグレードアップしていました。

和室の必須アイテム

  • 畳(座敷)
  • ふすま
  • 障子
  • タンス
  • ローテーブル
  • 座椅子
  • 庭の景色

和モダンなお部屋とは

いろいろと想像してみましが極めて贅沢なお部屋だなぁとあらためて感じました。

住居に「和室」が少なくなっているいからこそ、和モダンな空間をあえて創り出す価値があるように思います。昭和までの「和」一色の伝統的な美を令和の現代の生活空間に取り入れてみる。その小さな贅沢に心のゆとりも生まれて、効果絶大です。

和モダンの家具は、見た目の美しさだけでなく、機能性も重視されます。収納スペースを多く取るなど、現代の生活に合った実用的なデザインが取り入れられています。当店で紹介するテーブルも、とくに軽量で折れ脚(折りたたみ)の仕様で収納性に優れているものが多いです。

また、こたつといえば冬に限定されるイメージがありましたが、現代では一年中使用できるこたつとして設計デザインされたローテーブルも多くなってきました。とくに、ヒーター付きが当たり前ではなく、電気カーペットや床暖房との併用を前提にした「ヒーターなし」こたつの販売もしております。

和室に最適なテーブルをご紹介

調和やゆとり、落ち着きを重視する伝統的な和の美をお部屋にふんだんに表現するための必須アイテムとして、ローテーブルをいくつかご紹介いたします。

洋室と和室両方に通じる